SNSを使った転職サービス

投稿者: | 2014年10月6日

交流サイトであるSNS(ソーシャルネットワークサービス)を利用した就職(転職)サービスが広がりつつあるという。フェイスブックをなどの登録会員情報を利用し欲しい人材に企業が直接アプローチする。

スマートフォンの普及により自分の情報を公開する学生(転職希望者)が増える中で、自分の職歴やスキルだけではなく趣味や人脈を公開し自分を幅広く知ってもらい自分にあった働き場所を探すしくみだ。

企業にとっては素早く反応でき人材の多様化に対応できる。求職者にとっても自分自身のアピールを自分で簡単に登録できる。双方にとってメリットがある新しい職探しの手法と言えるかも知れません。

景気の上向きとともに雇用環境も改善され就職(転職)市場も活況を呈し、求人数は9カ月連続で更新している。

SNSの広がりとともに就職(転職)支援のサービスも膨らむが、やはり個人情報の管理や情報の慎重な見極めは何より大切であるということは言うまでもありません。

SNSを使った転職サービス


★個人情報対策セミナー(参加費無料 )のご案内

このセミナーでは、「個人情報の取り扱いについて意識を高め、漏洩事故を防ごう!」をテーマに個人情報の初歩から解説し、取り扱い方法・注意点・事故事例、対策例などもご案内します。
 くわしくは個人情報対策セミナーのご案内