タクシーの配車サービスと個人情報保護

投稿者: | 2014年11月18日

GPS機能を利用してスマートフォンからタクシーを呼ぶ方法があります。スマートフォンからタクシーを呼ぶ。通常タクシーを利用するとき道端で到来を待ちますが、急いでいるときに限ってなかなか到来しないものです。

タクシー 配車サービス  個人情報保護

タクシー業界大手の日本交通(Nマークのタクシー)は、GPSを利用した配車サービスを始めました。

スマートフォンに専用のアプリをダンウンロードしておき、必要なときに立ち上げると地図が表示され、自分がいる位置「現在地」が表示されます、ここまではフツーのGPS。日本交通の専用アプリは、ここから画面の地図上にある位置に合わせ「ここに呼ぶ」のボタンを押すだけで、タクシーの「現在地」への配車が依頼できます。
さらにこのアプリの特長は、配車を依頼したタクシーが今どこを走り、あとどれくらいで到着するのかが分かります。画面表示で「見える化」を実現しました。また到着まで残り500メートルを切ると専用の音がなるということです。

個人情報保護の観点からは、システムを利用するための会員情報、ID・パスワード・GPSによる自分の所在地等の保護管理が必要になります。会員の成りすまし、決済するクレジットカード情報を含めて登録情報の悪用も考慮して対応しなければなりません。

お客の便利さを追求して作られたこの配車サービス、現在利用可能なタクシーはまだ4000台余りで全体の1割ということですが、今後ますます増えていくことでしょう。